医療レーザー脱毛について

最近の脱毛方法は医療レーザー脱毛とエステ脱毛の2種類が主流です。人気があるのは圧倒的にエステ脱毛ですが、「永久脱毛」と言う言葉を謳えるのは実は医療クリニック等で行われている、レーザー脱毛だけなのです。その理由は医療行為にあたるので医師免許が必要になってくるからです。医療レーザー脱毛と言えばものすごく痛いと言うイメージがありますが、痛みはエステ脱毛に比べるとそこそこ痛いです。しかし、一昔前のレーザー脱毛と比較すると、かなり弱くなっているとも言えます。ですが痛いのは事実です。しかし。医療レーザー脱毛は、エステ脱毛よりも効果が高く、期間が短く済むので、早く脱毛効果を得たいと言う方にはおすすめです。

医療レーザー脱毛とは

レーザー脱毛はレーザーの波長をコントロールする事で、特定の色、物質等に作用させることができるのです。このレーザーを利用した治療方法を採用しているのが「眼科・歯科・皮膚科」などです。その中の皮膚科などで行われている1つが医療レーザー脱毛なのです。レーザー脱毛はメラニン色素に反応して脱毛効果を得る方法です。毛の色は黒いメラニン色素なので、それに反応するようにレーザーの波長を合わせる事で、毛根だけにダメージを与える事が可能となるのです。そして、脱毛したい箇所に照射していく事で、お肌に一切傷を付ける事なく、毛根だけを破壊する事ができるのです。毛根の組織が一度破壊されると、毛が新たに生えてくる事が無くなります。医療レーザー脱毛は、最近注目を集めていますが、料金が高い事と、痛みが若干強い事がネックになっています。また、エステ脱毛の様に、店舗数が多くないので通いたくても通えないと言う人がたくさん居ます。このような点から見て総合的に判断するのなら、やはりエステ脱毛の方が人気があると言えるでしょう。

医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛と一言で言っても、さまざまなレーザーの種類があります。それぞれのレーザーには特徴があり、使用する箇所なども変更する必要があります。種類は6種類程ありますので、それぞれの特徴を解説します。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはレーザー脱毛の中でも波長の長い光を使用しています。その光はメラニン色素に反応しますので、毛根に直接刺激を与える事ができます。つまり、毛根以外の皮膚組織などに影響を与える事なく施術できるのでとても安全です。またお肌の色と毛の色の差が少なくても火傷などのトラブルは起こりにくいので安心です。

アレキサンドライトレーザー

冷却ガスなどを皮膚に吹き付けて冷却しながらレーザーを照射するので、痛みが少なく施術できるのが特徴です。また、施術時はジェルなどを使用しないのでジェルによる肌トラブルを心配する必要はありません。アレキサンドライトレーザーはシミやソバカスにも有効で、ニキビの治療としても使用されています。また、毛穴を引き締める効果もある為、美肌効果もあるとして注目されています。

ロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザーは男性の濃いヒゲや、VIOラインの脱毛に効果的です。色素に吸収されるレーザー脱毛の中では最も波長が長いとされていて、深達度が高いと言う特徴があり、最も深部までレーザの光が届きます。また、痛みが非常に強く、輪ゴムで弾かれた様な痛みです。

YAGレーザー

YAGレーザーは日焼けなどをして、色黒になってしまったお肌にも効果的に使用できるレーザーです。また色素の濃い毛にも効果があります。アレキサンドライトレーザー等はメラニン色素に反応するので、日焼けなどは要注意ですけど、YAGレーザーの場合は特に問題ありません。また歯科などでも虫歯治療に使用されているレーザーでもあります。

ライトシェア・デュエット

ライトシェア・デュエットは吸収によって皮膚を伸ばしてから毛のメラニン色素だけを選択して照射する事ができるので、レーザー出力が弱い場合でも脱毛効果は十分に得る事ができます。そして、照射面積が他よりも広いので時間短縮にもなります。また、他のレーザーと比較して痛みが少ないのが特徴です。

G-MAX

元々色が黒い方や、日焼けをしている方でも皮膚への影響が少ない為安心して治療等を受ける事ができる安全んなレーザーです。また、敏感肌やデリケートなお肌でも照射可能で、他と比べて短時間でできます。

医療レーザーと言ってもさまざまな種類のレーザーがあり、脱毛箇所や治療内容によってそれぞれ使い分けが必要になってきます。また、お肌の状態等によっても使用できるレーザーと、使用できないレーザーがあるので、クリニック等でしっかり確認するようにしましょう。

おすすめ全身脱毛の人気サロンランキング医療クリニックでレーザー脱毛